Menue Close

レパートリー
オーケストラ編成


 

レパートリー


ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団 では、シュトラウス家に関する物を主に扱い、取り組んでおります。

 

特別な着眼点としては、主にシュトラウスの専門家として、シュトラウス家の中で有名な作曲家やあまり聞かない方々の曲を均等に混合し、そこに照準を合わせております。

私達、シュトラウスの解釈者・演奏者の大きな誘発材料は、1907年…Eduard Strauss 1の期間中、難しい根源を成す資料等の残っていない3人の兄弟の歴史に発生しています。

これらはオーケストラの中の特別な性質や知恵によって演出しています。

一方では伝統的な演奏法の保護の為に民族音楽の中から部分的に由来した物を大きく取り上げたり、他方ではオーケストラの合わせの中でシュトラウス研究の洞察を用いて合わせていき、ウィーンの出版グループのHermannの新しいシュトラウスの全集に定期的に刊行されています。

 

勿論、私達はシュトラウスから輩出された名門の作曲家の方々の曲にも献身し、時間を費やしています。例えば、Joseph Lanner, Franz con Suppe, Karl Millöcker, Karl Michael Ziehrer やFranz Lehar等の曲の幾つかも取り入れています。

 

編成

 

このオーケストラの編成は、シュトラウス家と関係のある者達の真正な伝統・慣習に従って組み立てられています。

ウィーン・ヨハン・シュトラウス管弦楽団 は次の根幹編成を元に勤しんでいます。

ファースト’ヴァイオリン 10人 セカンド ヴァイオリン 5人 ビオラ
3人 
チェロ 3人 コントラバス 3人
フルート 2人 オーボエ 2人 クラリネット 2人 ファゴット 2人
ホルン 4人 トランペット 2人 トロンボーン 1人
ティンパニ− 1人 打楽器 1人
ハープ 1人

 

ニュースレター

演奏会等にご興味のある方は、ニュースレターを登録してください。

詳しい情報